www.grapevineculture.com

.

.


為替への介入という言葉は耳にした事がありますか?日銀が為替の介入をして新聞、雑誌、テレビ、ネットの記事で注目した方もたくさんいると思います。初めから為替への介入とは我が国の場合、大臣(財務大臣)円相場の安定性を実現するために実施するやり方ということで使われています。わかりやすく言えば、かなりの円高もしくは円安が起きると財務大臣の指図をもとに中央銀行(日本銀行)日本円を取引することで為替相場の安定をさせるといったものです。為替介入(外国為替市場介入)とは方法が何通りかあります。1.単独介入・・・行政機関もしくは日本銀行が東京での市場の中で直接市場に加わって外国為替平衡操作(為替介入)をする。2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が相談のうえそれぞれの通貨当局の持っているお金を活用して一緒または少しずつ為替介入(外国為替平衡操作)を行なう。3.委託介入・・・他の国の銀行などへ向けて外国為替平衡操作(為替介入)を託す。4.逆委託介入・・・日銀が海外通貨当局に成り代わり為替の介入を執行する。このような方法です。どの介入も短期に、継続的に為替のレートに多くのインパクトを与えると思います。為替の介入のお金はさすがに面目をかけているのですから桁外れです。円を基本に例えると、いつもはほんの少し変動する相場が突如数円単位の変化をします。投資家の人ならば過去に経験していると思いますがそれまで含み益(あるいは含み損)が多くなっている保有高を持ち続けていたところに、そのポジションが決済したとの内容の連絡がFX業者の発信でEメールが。どの程度利益が出たのかな(損益が出たのかな)?と気にしながら決済の通達を見たところ自ら見込んでいたのとは反対の事となりびっくりしてしまうとの例がよくありました。為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれると多く聞いた話なのです。こういったことから為替の介入が実施されると為替の市場の動向と反対の動向をすることがわかります。加えて動く額の大きさは相当大幅に変化するため注意が必要です。