www.grapevineculture.com

.

.


「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを売り買いして儲けを生む商品です。売り買いの値は、常時変化しています。それが為替相場です。ニュースサイトを見ていると、ドル円やユーロ円のマーケットの情報が流れる場合があります。例としてあげると、「本のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表しています。別の言い方をすると、売り買いには買いと売りの2つの価格があります。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示するFX会社もあったりします。普段は買値よりも売値が安価に設定されています。現実に買値は高く、売値は安くなっています。この差分をスプレッドといいFX会社の儲けとなっています。スプレッドの幅は会社によって異なります。スプレッドは投資家にとって出費になるので、低い取引会社を選択するほうが得です。ただし、同じFX会社でも状況によってスプレッド幅は大きくなったり小さくなったりします。仮定として通常時はドル円の組合せで1銭のスプレッドの幅だったとしても相場の上下がかなり大きい状況では大きくなる事があります。そのため、スプレッドが狭いのと同じくらい、変化しないのが重要です。変化しないスプレッドの差を示す取引業者も多くあったりします。現実に業者の売り買い画面の中で現実のマーケットを確認しなければ見分けられないので面倒ですが必要不可欠な事です。大切なお金を賭けて売買しますので、現実のトレードの前に、興味を持った会社の取引するための口座開設をどんどんして、提示されているスプレッド幅を点検しましょう。同じペアでも、その時点の市場の条件によって外貨のスプレッドは変化します。たいがい、インターバンクマーケットで取引高が多い通貨の組合せではスプレッドの広さが狭く、その他のペアでは拡大するのが一般的です。