www.grapevineculture.com

.

.


とうとう取引する時という場面では事前調査を手抜きしてはいけません。。トレードを行う前であるとすれば、出来事を落ち着いて眺める事が出来ます。ところが、いっぺん売買の内側に深入りすると、どうしても捉え方が偏ったものになる場合があり、往々にしてちゃんとした見方が出来なくなる。危険があります。それだけに客観的な時に、きちっと準備をしておくことが重要です。準備のためには、はじめは自分のシナリオを書くことから行います。将来のこの通貨は下がる(または上がる)から、ユーロを取引するというような、あなただけの脚本を書いていきます。次は相場を確認しましょう。それ以前の相場の上げ下げをチェックして、今現在の値段を確認します。そうしたら、「今のところ安すぎる場面である」他には「もう大多数の投資家が売買しているから、この先慌てて買い(または売り)してももはや手遅れだな」ということが理解できます。無論すでにしかけるのが手遅れだなと思ったならば売買しないで、ここはきっぱりと諦めることが必要です。どうしても自身の筋書きを貫いて強引に新しく注文するとマーケットにやられてそればかりか損害を受けることになります。ただたいがいのケースで、準備万端の自分自身のストーリー展開を描いておけば売り(または買い)が遅いという状況にはなることはありません。おそらく、リアルに外国為替市場が上下動する前の状態のはずです。次に、とりあえずはエントリーしようとしているポジションの上下動を、ちゃんとチェックすることが大事です。もしも、円安になると予想するストーリー展開を描いたのであればドル円の変化に注目しておくことだ。市場の変化を注視し始めた状態ではまだ該当の通貨は誰の眼にも明らかに推移する素振りを見せることなくわずかな上下動を繰り返しているだけでしょう。でも、その動きをしっかりと注目しているとあるところでドル高へと外国為替相場が動き始めます。ここでやっとドルのトレードします。おおむね、そこまで事前の準備をすればその取引で勝利する可能性は高くなるはずです。