www.grapevineculture.com

.

.


PCの前に座り、つねに動いている相場を見てしまうとトレードをしなくてはいられないという抑えようの無い感情に駆られる状況も多いと思います。だが、はっきりしない衝動でトレードするのだけは決してしてはいけません。ご存知の通り、為替相場は昼夜を問わず常にどこかの国で市場が開かれているし相場も、動いています。そうであっても、エントリーを積んでいくと、その分マイナスになる可能性が高まってしまう。当然、取引の回数を重ねることによって少しずつ稼げる確率が50%、50%になるのは事実です。でもその事実は「ぼんやりとしたインスピレーションでトレード」することとは別の話だ。取引回数を重ねるということは自ずから「ここは勝てる」と思いついた勝算を得たうえでの売り買いの回数を積み重ねるという事を意味します。特段の理由も無く、のべつ幕なし売買を積むのとは明らかに違います。為替相場の駆け引きに負けないためには思案して緩急をつけることが必要です。「ここは!」と思い至った為替相場の時には迷うことなくポジションを増やして利益を追求します。「何となく悩ましい為替相場で、どう動くのか思いつかないな」と考えた時は、執着しないで所有ポジションを全部諦めて何もしない。それぐらいのけじめがあったほうが最終的に売り買いはうまくいきます。外国為替相場の格言には「休むも相場」というものがあります。文字通りその通りです。為替とは、いつも売買ポジションを所有する事が重要ではなくどの売買ポジションも持たずに何もしないことも時には相場です。じゃあ、どういう場面で休むといいのでしょうか。ひとつは、前に述べたように、最近の相場展開が今ひとつ分からない時です。高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は考え無しで行動すると、思い描いた筋書きとは逆方向に市場が向ってしまい損してしまいます。こういった場合はポジションを整理して、何もしないで黙ってみているだけがいいでしょう。ふたつめは、あなたの体の調子があまりよくない時です。体調と外国為替相場に関係がない感じる方もいるだろうが。思ったより関係があります。体の状態があまりよくなければ、為替相場のミスできない状況で、必要不可欠な判断を下すことができません。やる気がわかない時は、相場から離れてみるのも必要な事です。