www.grapevineculture.com

.

.


一般的なFXのテキストでは、「損失を被ったケースではナンピン買いで、平均のコストを小さくする事が出来る」等とアドバイスしている事もありますがナンピンには危険性があります。最初に、ナンピンのやり方に関して分かりやすく述べます。一例として1ドル100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いですから、円安ドル高に進むほど黒字が出るわけだが、反対に1ドルが95円まで円高ドル安方向に進んだとします。この状態で持ち続けたとしたら、損失が戻るためには、円高になった分円安に動かなければなりません。皆さん、損は早急に取り戻したい考えます。この状況を変えるためはじめに買ったのと同額の$(ドル)を買い増しする。すると、ポジション全体のコストは1ドル=97.50銭まで低くすることができる。2円50銭の幅で円安ドル高に推移すれば損失を回復する事ができます。これが、ナンピンの理論です。このとおり、ナンピン買いの方法を知ると「まちがいない」と思ったりするが外国為替市場は簡単には問屋を卸してくれない。1ドル95円が底値だということなど分かりません。仮定として、外国為替市場が相当に強いドル安地合だとしたら、95円では下げ止まらずにより円高ドル安にいく可能性があります。仮定として、97円50銭でナンピンをした場合に、1ドル=95円まで円高に向ったらナンピン買いしたポジションについても損失が生じてしまいます。こういう状態では最初にエントリーしたドルとトータルで為替差損を被ります。この通り、ナンピンは大変です。それなら、為替相場が自分自身の筋書きとは反対の方向にさっさと進む場合、どういった手段で危機を避ければいいのでしょうか。こういう場合には選択できる術は多くはありません。最初のひとつは観念して損を確定する事です。もうひとりは、その時に、自分か所有しているポジションを減らす事で再び外国為替市場がリカバリするのを大人しく待機する事だけです。だいぶ弱腰の手段だと感じる投資家もいるkもしれません。しかし、自分が保持している買いポジションにマイナスが生じた場合、一番効果のある術はこれ以外には期待できない。無論、ロジックのうえではナンピンという術もあるように思える。しかしナンピン買いはあなた自身がマイナスになっているにもかかわらず、買いポジションを無くすどころか、それとは反対に買いポジションを買い増していく方法です。この手法では、リスクを避けることなど、どう考えても不可能だと思ったほうがいいです。ナンピンを続ければ最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません。だけど、それ以前に投資資金は足りなくなってしまいます。