www.grapevineculture.com

.

.


よくあるはじめたばかりの人向けのFXの書籍では「差損が生じた時にはナンピンして、ポジション全体の価格を低くする事が出来る」等と助言されていたりしますが、現実にはこれには相当大きな危険が待っています。まずは、ナンピン買いのやり方についてごく簡単に記述しておきます。例として1ドル=100円でドルを買ったとします。$買いということで円安ドル高になるほど黒字を得られますが、反対に1ドル=95円までドル安に向ってしまったとします。そのままの状況で持ち続けたとしたら損失が戻るためには、5円分円安に動かなければなりません。みんな、損は可能な限り早くリカバリしたいと願います。そのため最初に取引したのと同じ分の$を1ドル95円で買い増します。すると、全体の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで低くすることができる。つまり、半分の幅でドル高が進行すれば赤字を取り戻す事が出来ます。それが、ナンピン買いの手法です。こういうふうに、ナンピン買いの原理を目にすると、「まちがいない」と考えたりするが、そう容易には思い通りにはいきません。初めから、1ドル=95円より下がらないとは、誰にも分かるはずがありません。仮定として、マーケットが強い円高傾向だとしたら、1ドル95円ではとどまらずより一層ドル安に向うリスクはあります。例として、97.50円でナンピンをして、95円までドル安に進んだら、ナンピン買いした分についても、損が生じます。こういう状況では最初に持ったポジションと合計で倍の差損が生じる事になります。例示したとおり、ナンピン買いはややこしいです。それなら、為替があなたのシナリオとは反対の方向にどんどん進む場合どんな方法でリスクを回避すればいいのでしょうか。こういう状態で選択する道は限られています。ひとつは観念して、損を確定する事です。ふたつめは、現在、あなたが所持している買いポジションを小さくする事で再度マーケットが元のようになるのをじっと待機する事だけです。ずいぶん控えめな手段だとおっしゃる投資家もいるだろう。けれども、買いポジションに差損が生じた時、最も有効な術はそれ以外には考えられません。なるほど、理屈の上ではナンピン買いをしてみる方法もあると思います。けれどもナンピン買いは、あなたが損失を披っている状態で買いポジションを減少させるどころかそれとは反対に買いポジションを買い増していく方法です。この手段では、危険を回避することなど、到底できないと考えるべきです。ナンピンを続ければやがては損失が回復するかもしれません。けれども、それより先に投資資金がマイナスになってしまいます。