www.grapevineculture.com

.

.


外為市場であるFX(外国為替証拠金取引)を、解説していきます。外国為替証拠金取引というものは二つの異なる国の通貨を売り買いをしてその差し引いた利益をもらうとの方式なのです。両国の貨幣の中で出る儲けをスワップ金利といいます。こうしたスワップ金利ですが正式にはスワップポイントと呼ばれているそうです。このスワップポイントというのは、一日でも得られますがしかし日ごとの為替レートの動き方で異なってくるのだそうです。こういったFXのスワップポイント(スワップ金利)で儲けることを目当てにFX(外国為替証拠金取引)の取引をするみなさんもいます。スワップ金利は業者それぞれに違う点があるためわずかでも高い業者でトレードしたいものですよね。しかし、スワップ金利は為替の相場が変わってしまうと変化してしまうので用心してください。同時に、取引をやるにはグラフを読む力が必須となるのです。チャートを見る事で為替取引の変化を読み取る事が可能となると言います。外国為替ビギナーの人が見た際、何の為の図表ですか?のように難しいと感じると思いますが要点を捉えておくことで図表が理解出来るようになるそうです。いつから日本円が上がるとか下降するだろうという風にこの時が一番円安とこのグラフによって判別する事が可能になり為替トレードをやる時にはとても役立つデータとなるらしいです。このグラフは、日本ではローソク足(陰陽足)が使われておりその名の通りローソクの形の図表で表されているのです。このようなローソク足(陰陽足)により高値と安値かつ終値・始値などを表現されていてチャート図ではいろいろな形となって行きます。