www.grapevineculture.com

.

.


外為取引のパターンには取引所取引というものがございます。平常の外為(FX)企業と売買を行うことを「店頭取引」と言うのですが、この取引においては取引所を通さずビジネスの目標はFX会社になります。「取引所取引」という取引所は外為取引企業はあくまで橋渡しあり直の取引対象は取引所という訳になります。この違いを少し比較していきましょう。最初に「店頭取引」の折は預託しておる資金は外国為替証拠金取引(FX)企業に調節されています。ところで「取引所取引」の次第、この証拠金は全ての額取引所に預金しないとならないと決まっております。そうする事でFX(外国為替証拠金取引)会社がダウンしてしまうというような話が万が一あったとしても取引所取引は取引所によって資金は全額守護してもらうことになっています。時はFX(外国為替証拠金取引)企業が調節しているので、状況によっては業者破産の悪影響ををこうむり預金していたお金は防衛されないかもしれないです。更に税金面から言っても両者に関しては取り決めに相違がございます。「店頭取引」では、為替差益やスワップ金利などを雑所得として賃金と総額で申請せねばなりません。だが確定申告せず済む際もあるとの事ですので、わが身に適合するかどうか念入りに検討してください。万が一あなたが勤労者で年収二千万円以下給与所得以外の稼ぎが20万円以下(2.3の事業者から給与所得がなし)という条項を守っている状態でいれば特例措置という訳で確定申告は不要で大丈夫です。外国為替証拠金取引(FX)利潤が二十万円以上折は確定申告しなければいけません。税の割合は手取りに伴い5〜40%の6つの段階に振り分けられておりまして、収入が高いならば税も上がってしまいます。「取引所取引」に関しては、収益があれば他の実入りとは別として「申告分離課税」の対象となってしまいます。税金の率は一律20%となるんですが、もし赤字が断定されたという事なら「取引所取引」の利益としてマイナス分を翌年以降に先延ばしができます。上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低価格な税になるケースもあるので検討してみて考えた方が良いと思います。ことに新参者のケースは、株価の浮き沈みや円の動きに毎日行き届き、もうけや損分にスリル満点の事によって、税金のことを忘れたかのようになることもあります。損金は困るのですが、収入が高騰すれば税金も高くなるので気を配るのとわきまえる事が重大ですね。