www.grapevineculture.com

.

.


FX投資の経験がない方がFXの大切なところを探し出すためには、まず初めに実戦を積んでいく事が大事です。とりわけ、未然にリスクを気付くようにするにはへまを重ねる事も体験のひとつです。ただし、負けたといっても命取りとなるほど重大な負けをする事は話になりません。やり直せるぐらいの間違いを実績を積む事が、自身の経験を増やしてくれる。これを考えると、まずは少額でトレードを行ないそれによって何度か取り戻せる間違いをすることをおすすめする。ひとつの例として、100万円しか投資する事が出来ない状況で最初から全てつぎ込んで注文すると、失敗した時、永久に取り返せない恐れがある。そうであるならば、一例として10万円ずつ取引してこれによって買ったり負けたりを重ねた方が、着実にミスをカバーする技術なども身についていくはずである。まずはじめに少ない額で投資することの利点は先に言及したように、あなたの経験値を高めミスを避ける術を身につけることにあるが、同時に、取引の回数を増やす事で、不確実性を小さくできるという長所もあります。仮に、1回の注文で勝てる可能性が二分の一だと考えます。言い換えると、同じだけ損する危険性もあります。勝率5割ということは。半分半分の率でプラスになる事を現しています。しかし、全部の投資資金を使って仕掛けをするということははっきりとした勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。それでは単なる丁半バクチと同じです。結局のところ、全てのお金を賭けて1度しか勝負しないと、それだけでは負けるリスクが高まってしまうのである。そのため、お金を1度に全部賭けるのではなくいくつかに分割して投資機会を増やす事がリスク管理となります。少しずつ分けたとしても全部にプラスにする事は不可欠ではありません。はっきり言うと、勝利する事が出来ないのが実情です。トレードで重要なのは勝った回数ではなく、いくら儲けるかです。勝率が同じでも、また勝率5割以下でも儲かる時は儲かります。7割負けてもその損益が少しであれば3割の勝ちのプラスの大きさで相当儲けられる。そのために重要な事は、損を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。損したら間髪を入れず損失を確定してプラスになる状況では上手く稼ぐ事が、FX取引初心者がFX投資で勝つための極意といえる。