www.grapevineculture.com

.

.


外為ビギナーが為替の要を押さえるには、まず初めに取引を繰り返すことが重要です。特に、直前に危険を気付くようになるようになるには負けをすることも経験のひとつです。ただし、損をするといっても、やり直しが効かないほど決定的な失敗をする事は話になりません。取り戻せるほどの過ちを何度か実践する事が結果として自身のレベルを上げてくれます。これを考えると、まず最初は小さな額で売買を行い、それで何度か小さなミスをすることが大切です。仮に、100万円だけしか資金がない人が、はじめに全部つぎ込んで売り買いすると、間違えた時、金輪際元に戻せない恐れがある。それより、10万円ずつ分けて取引してそこで取引を積み重ねた方が次第に間違いをカバーする手法なども身についていくはずである。はじめにわずかなお金で取引する事の良いところは、自身の経験値を増やし損を制御する手段を習得していく事にありますがそれと合わせて、売り買いの回数を多くする事で、偶然を削減できるという価値もあります。想定として、取引で儲けられる可能性が5割だとしよう。ということは、同じ確率で損する可能性もあります。勝率50%ということは2回に1回の率で勝利できる事を意味しています。ところが、全部の資金をつぎ込んで1度のみのエントリーをするということは、勝ちか、負けのいずれかになります。このままではたんに賭博と同じです。結局のところ、全財産を投資して1度しかトレードしないと、その分だけ損する可能性が高まってしまうのである。これを避けるために、お金を1度に全部賭けるのではなく少しずつ分けて、チャンスを積む事がリスク分散となる。何度かに分けたとしても、すべての取引で儲ける事は大切ではありません。むしろ、勝てないのが現実だ。取引で不可欠なのは勝利回数ではなく、いかに儲けるかである。勝率が50%でも勝率5割以下でも利益を上げる事が出来ます。それ以上負けてもその収益が少しであればわずかな勝ちのプラスの大きさだけで相当儲けられる。それには、損を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。損失が出たら即ロスカットしてそれとは逆に利益を上げられる場合には大きく稼ぐ事が、外国為替証拠金取引をはじめたばかりの方がFX取引で利益を上げる極意です。